NEWS & BLOG

YouTube Twitter facebook

Salone PARTENZA NEWS & BLOG

2017.12.07

「CASHMERE COAT FAIR 」 START !!

こんにちは。

パルテンツァ大阪店の岩元でございます。

寒い日が続いておりますが皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
冬は夏と違ってコーディネートを考えることが楽しいですね!


本日は東京店、大阪店、札幌店3店舗同時開催のカシミヤのオーダーコートのフェアのご案内でございます。

カシミヤ(カシミア)は羊の毛ではなく山羊の毛というのはインターネット等で検索するとすぐに出てくるかと思います。
そのカシミヤ山羊の皮膚に近い毛を集めて糸にしたものが原料となるわけですが、採取される量の少なさや繊維の細さ、そして生地になった際の光沢感、滑らかな肌触り、暖かさ等から高級生地の代名詞となっています。
カシミヤ山羊は標高が高く寒暖差が大きいところに生息しているので身体を守る為に暖かい毛で覆われているというわけですね。

今回のフェアに使用する生地はカシミヤコートフェアと謳っておりますのでもちろんカシミヤ100%の生地をご用意させて頂きました。


1948年にイタリアで創業したCesare Gatti(チェザ―レガッティ)社のカシミヤ生地を10着ご用意させて頂きました。
もしかするとガッティ社のマフラー等でその名前をお聞きになったことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。


さっそく生地をご覧くださいませ。

無地

IMG_3763.jpg


ホップサック、ヘリンボーン

IMG_3764.jpg

少しアップで。

IMG_3765.jpg


IMG_3766.jpg


IMG_3767.jpg

写真でその雰囲気をお伝えするのが難しいのですが、無地は本当に素晴らしい光沢と滑らかな肌触りでしっとりとしています。
特に無地の黒や紺色といった濃い目の色は光沢感がはっきりと分かりやすく、一目で良い生地だ!とお分かり頂けるかと思います。

一方ホップサックとヘリンボーンは控え目な光沢がありながらも流行などにも全く左右されることない上品でエレガントなオーラがあります。
スウェードの靴などと相性が良さそうです。


私個人的に一押しがこの色。
明るすぎず暗すぎないキャメルカラ―。
様々なアイテムにコーディネートしやすいかと思います。

IMG_3768.jpg

カシミヤの生地を使用したコートは流行を追うことなく手入れをしながら5年10年と長くお召し頂くものかと考えております。
長く着用することを考えると、やはり良い生地で誂えたものというのは年数を重ねるごとに愛着もわいてくることと思います。
安物買いの銭失いなんて言葉もありますが、良いものを長く愛用するということは結果費用対効果もいいということでしょう。

今回は東京、大阪、札幌の3店舗同時開催となりますが、各店10着のみのご用意しております。
詳細は以下の通りでございます。


期間 12月7日(木)から12月27日(水)
価格 オーダーコート仕立上がり価格190,000円+税
各店10着限定


コート用にご用意した生地ですがジャケットを誂えることも可能でございます。
その際は店頭のスタッフにお問い合わせくださいませ。


それでは皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ページの先頭へ

CAUTION!:このホームページを正しくご覧頂くためには JavaScriptとスタイルシートを有効に設定しておく必要があります。(推奨ブラウザはWin:IE8.0・FireFox1.0・Opera8.0以上/Mac:Safari2.0・FireFox1.0・Opera8.0以上)ご使用のブラウザの詳細設定や、環境設定などに従って設定後、リロードしてくださemい。(※設定済みの場合、CAUTIONは非表示になっています。)