NEWS & BLOG

2018.06.09 | トピックス

オーダーサンプルのご紹介とスーツへの想い パルテンツァ大阪

no-images

こんにちは。

パルテンツァ大阪の岩元でございます。

梅雨入りが発表されましたね。
大阪も雨が降ったり湿度が高かったりでいよいよ夏が来るなと感じています。
夏が嫌いな私は冬が待ち遠しくてたまりません。

さて本日はMTM(メイドトゥメジャー)のオーダーサンプルのご紹介と私のスーツへの想いを書かせていただきます。

まずはベルギー産の麻100%の生地を使用したなんともクラシックなスーツでございます。

麻と言えばシワになるからちょっと、、、とというお声をよく耳にします。
しかしそのシワが麻の特徴でもあり清涼感を生み出す特徴と言えます。
また水分を大変吸収してくれるという特性もあり、夏にはもってこいではないでしょうか。

MTM(メイドトゥメジャー)のオーダースーツ

オフホワイトの麻スーツ。
これにパナマハットやカンカン帽でもかぶって、コンビシューズできめれば映画の世界から抜け出してきたようなスタイルになるでしょう。
現代ですとそこまでやると、ちょっとコスプレチックになると言いますか、やりすぎな感もあるのでシンプルにコーディネートしていただくほうがいいかなと思います。

もう少しアップで。

MTM(メイドトゥメジャー)のオーダースーツ2

こちらはスーツでサンプルを製作しましたが、ジャケットのみでもお誂え可能です。
スーツですと80,000円、ジャケットですと60,000円でございます。

次はイタリア、Eトーマスの生地を使用したジャケットでございます。
こちらはシルク、リネン、ウールのいわゆる3者混です。
それぞれの素材の持つ特徴をいいとこどりしたような生地で、麻は入っているけれでそこまでシワになりにくく、麻はちょっと、、、と敬遠される方でもお召しいただきやすいかと思います。

Eトーマスの生地を使用したオーダースーツ

生地だけを見ると派手かなと思われるかもしれませんが、服として仕立上がるとそこまで派手すぎる印象ではないかと思います。
サンプルでは紺色のトラウザーズをコーディネートしておりますが、ジーンズなどと合わせても素敵かと思います。

こちらももう少しアップで。

Eトーマスの生地を使用したオーダースーツ2

こちらのジャケットは100,000円でございます。

ご紹介した2つのサンプルはビジネスシーンにおいては着用することは難しいかもしれません。
ましてやクールビズ真只中で夏の間はまったくジャケットをお召しになられないという方もおられるかもしれません。
お休みの日やちょっとかしこまりたい日などにいかがでしょうか。
クールビズよりも断然クールですよ!

パルテンツァでは今回ご紹介したようなものばかりでなく、ビジネスシーンおいてお召しいただきやすい生地のほうがバリエーションは多く取りそろえておりますので、夏の盛夏素材などをお探しの方もお気軽にご相談くださいませ。

少し話は変わりますが、久しぶりにスーツへの想いを少々書かせていただきます。

先程も先日もクールビズの期間はスーツをお召しにならない方が増えたと書きました。
これから5年先、10年先、20年先、スーツの需要は益々減少していく時代がやってくるのではないかと想像しています。
スーツというものが無くなることは無いにしろ、夏祭りの浴衣のように、ある特定の時だけ着用するようなものになり得る可能性さえあります。
スーツ需要がこの先、先細りしていく中で馬鹿正直にスーツと向き合っていくというのは正直しんどいことなのかもしれません。
和服が日本において廃れてしまった歴史を見ると、スーツもカジュアル化が進むこれから先の時代同じことが起こり得るかもしれません。

そんな中、我々スーツ屋として出来ること、私が出来ることは何かと考える機会が増えております。

価格なのか、納期なのか、質なのか求めるものはお客様によって様々かと思います。
MTMにしろBespokeにしろ価格の安い高いに関わらず、今自分に出来ることは将来を見据え将来に向けた準備をしつつ、お越しくださるお客様1人1人に対し最大限の接客、知識、技術を以って採寸し、最高と思っていただける服をご提供することと考えております。
そんなのは当たり前ですし綺麗事だと言われればそれまででしょう。
ですがそんな当たり前で綺麗事を本気でやりぬかなければこの先は無いものと思います。
最高と思っていただける1着を永くお召しいただく為に。
お客様からお金を頂いて洋服をご提供しておりますが、私は服を誂えるというコト自体をご提供しているつもりでおります。
要は単純に洋服を売るということだけではなく、誂えるという体験やその空間や時間すべてがスーツをご提供するということに含まれてのコトという意味でございます。

とある方のお言葉を借りると、クローゼットは仕立屋にとっての戦場です。
朝出かける前にクローゼットに並ぶスーツの中から私が携わったスーツを手に取ってもらえるということは、仕立屋としてこれほど幸せなことはないでしょう。
少々暑苦しい文章になってしまったかもしれませんが、本当に馬鹿正直にこういったことを考え、思う今日この頃でございます。

これから本格的に暑い季節がやってまいりますが、皆様におかれましては熱中症などにはくれぐれもお気をつけくださいませ。
パルテンツァでは冷房を効かせてお待ちしております。笑

本日も長文且つ拙い文章をここまでご覧いただき誠にありがとうございました。

NEWS & BLOG

Order

各種オーダーについての詳細や、オーダーの流れ、保証制度についてご紹介しています。