NEWS & BLOG

2020.08.22 | Bespoke

ダブルのモーニング サローネパルテンツァ 大阪

ダブルのモーニング サローネパルテンツァ 大阪のアイキャッチ画像

暑い暑い暑い日が続きますね。

この時期になると毎年書いているような気がするのですが、

冬好きな私は早く冬物を楽しめる気温になってほしいと願うばかりです。

冬物の生地が入荷しつつありますので改めてご案内させて頂きます。

さて、今日はトラウザーズの裾の仕上げについてお話させて頂きます。

トラウザーズの裾の仕上げ方にはいくつか種類がある

ということは皆様ご存知かと思います。

シングル、ダブル、モーニング、三つ折り等々。

いずれもパルテンツァのMTMでご注文をして頂く際にお選び

頂ける項目です。

しかし、モーニングのダブルというデザインはMTMでは承っておりません。

なぜなら工場では手間がかかり過ぎるが故に出来ないのです。

正直おっしゃられる方もほとんどおりません。

そもそもモーニングカットは裾の前後に高低差をつけて踵部分を

長くし、足を長く見せる効果を狙うことと、足の甲に触れる部分を

短くすることによって不必要なクッションを作らないようにすることに

狙いがあります。

このモーニング仕様でダブルにしようとすると非常に手間がかかります。

私が作るビスポークのご注文であればトラウザーズの裾をダブルで

ご注文して頂いた際は標準仕様として取り入れております。

お分かり頂けますでしょうか。

写真をもう一枚。

定規を置くと分かりやすいです。

前後で1.2cm程の差を付けております。

このダブルのモーニングとトラウザーズ全体のS字のクセ取りを行うと

非常にスッキリとした仕上がりになります。

現在はMTMでは承っておりませんが、

オプションとして展開したら興味あります?笑

次回はビスポークのトラウザーズのディテールについてお話したいと思います。

本日もご覧頂き誠にありがとうございました。

Archive

NEWS & BLOG

Order

各種オーダーについての詳細や、オーダーの流れ、保証制度についてご紹介しています。初めて当店でのオーダーメイドスーツを新調する際は、事前にご覧いただけるとスムーズでございます。