NEWS & BLOG

2020.08.03 | 紳士の装い

目指すシルエット サローネパルテンツァ大阪

目指すシルエット サローネパルテンツァ大阪のアイキャッチ画像

スーツやトラウザーズにおいて一番大事なこと。

「サイズ」

これはかねてから私がずっと言い続けてきたことです。
高級な生地を使う、毛芯仕立てがどうだといったことよりもまずはサイズが一番大事です。
サイズ、生地、仕立てが三位一体となった時に初めてお客様に満足をして
頂けるのではないかと考えます。
 
 
今日は久しぶりにお客様のお仕立て上がりのご紹介です。
N様にご注文頂きましたのはリネン混の清涼感ある生地でトラウザーズを
お誂え頂きました。
写真をご覧頂くとお分かり頂けるかと思いますが、ウエスマンは太めにし、
渡巾~膝~裾にかけてもワイドパンツと言えるくらいのゆったりとした
シルエットでのご注文でした。股下の長さは短めにしています。
後姿も素敵だったのですが、写真を取り忘れていました…

N様におかれましては今夏、更に追加でご注文を頂戴しました。
誠にありがとうございました。
次回の仕上がりまで今しばらくお待ちくださいませ。

 

そしてこちらはビスポークでの仕立てたトラウザーズ。
これは私が仕立てた自分用です。
トラウザーズは構成する型紙の枚数が少ないぶん、ジャケットよりも作るのが
難しいと言われます。
小股が切れあがり、尻下にたるみがなるべく出ないよう型紙を調整しています。
また、クリースがすとんとまっすぐ落ちることも大事ですね。

 

 

こちらは別の生地で仕立てたもの。

 

ヒップはこのように。
ジャケットを脱がない前提で尻ポケットを付けていないので少々お尻が
なまめかしいですが、シルエットにご注目ください。

 

目指すは不変のスタンダード。
これが難しいんです。
流行に左右されず永くご愛用していただける服をご提供していきたいものです。

Archive

NEWS & BLOG

Order

各種オーダーについての詳細や、オーダーの流れ、保証制度についてご紹介しています。初めて当店でのオーダーメイドスーツを新調する際は、事前にご覧いただけるとスムーズでございます。