NEWS & BLOG

2020.06.24 | トピックス

御幸毛織 20SS生地紹介

御幸毛織 20SS生地紹介 のアイキャッチ画像

MASTERPIECE COLLECTION
SAVILE ROW YARN COUNT(サヴィル・ロウ・ヤーンカウント) 毛100% 2/52×2/52 270g/m
通常、細い原料は細い糸をつくるときに使用しますが、あえて太い糸をつくることにより、織物に重厚感と原料からなる豊かな膨らみ感が加わります。その太く作られた糸がSAVILE ROW YARN COUNTです。その太さは“2/52”と表されます。
ビスポークスーツ発祥の地、イギリスの首都ロンドンのメイフェアに、背広の語源にもなったとされる、かの有名な「サヴィル・ロウ・ストリート」はあります。スーツシステム(上下揃いの服を着る文化)が、英国市民にも一般的に普及してきた時代、当時のサヴィル・ロウの仕立職人達(テーラー)の間で絶大な評判を得ていた服地には共通点として、“2/52”という糸番手が採用されていました。
生地の安定性、鋏の裁ち味、針の通し易さ、縫い心地、そして仕立映えといったビスポークにおける様々な面で、この“2/52”糸番手がサヴィル・ロウのテーラーに最も好まれ愛された糸番手として、別名「サヴィル・ロウ・ヤーンカウント」と呼ばれるようになりました。

MIYUKIKEORI BRAND SITE へのリンク

MASTERPIECE(マスターピース)とは・・・
御幸毛織伝統の名品を集結した今シーズンデビューの新機軸「マスターピース」。原料選定、紡績、染色、製織、加工など、全ての製造工程にこだわり、独自に開発されたオリジナル素材を提案します。御幸毛織が長きに渡り培ってきた伝統的工程を忠実に守りながら、これからの新しい時代、そして未来においても御幸毛織の“名品(マスターピース)”となるべく、伝統と革新の融合による深化した価値を提供したいという想いが込められています。

Archive

NEWS & BLOG

Order

各種オーダーについての詳細や、オーダーの流れ、保証制度についてご紹介しています。初めて当店でのオーダーメイドスーツを新調する際は、事前にご覧いただけるとスムーズでございます。